「セクハラ(セクシャルハラスメント)」 一覧

セクハラ(セクシャルハラスメント)

1:セクハラ(セクシャルハラスメント)とは

セクシャル・ハラスメントとは、相手を不快にさせる性的言動を指します。相手を不快にさせるという点では女性が被害者に限定されることはなく、男性も被害者になりえます。性的言動というのは、発言もふくみ、身体を ...

セクハラ(セクシャルハラスメント)

2:対価型セクハラの典型例としてはどのようなものがありますか。

A.男性の上司から女性従業員に対して行われるのが典型です。 対価型セクシャル・ハラスメントとは、性的な言動に対する女性労働者の対応により、その従業員が労働上不利・有利な扱いを受けることですが、典型例に ...

セクハラ(セクシャルハラスメント)

3:環境型セクハラの典型例にはどのようなものがありますか。

A.わいせつなポスターを職場に貼るといった行為が典型例です。 環境型セクシャル・ハラスメントとは、職場における性的言動で就業環境を悪化させることを言いますが、その典型例には次のようなものがあります。 ...

セクハラ(セクシャルハラスメント)

4:女性が不快と言えば、なんでもセクハラになる?~紛らわしいものの対処法

男女雇用機会均等法が改正されセクハラ防止義務が盛り込まれたころ、日本のマスメディアでは大げさにセクハラ問題を取り上げていました。それは一時期非常に過度に報道され、それこそ女性が不快だとさえ言えば何でも ...

セクハラ(セクシャルハラスメント)

5:ジェンダー・ハラスメントとは?

A.女性蔑視の風潮を背景とした、職場における女性労働者への言動・取扱いを言います。 社会の中には、根強い女性差別がなお存在しています。 男女の性役割観の強いところでは、女性は男性が気持ちよく働くために ...

セクハラ(セクシャルハラスメント)

6:セクハラを受けると、被害者の心身にはどのような影響が出ますか。

A.仕事に支障が出たり、精神的ダメージを受けたりということになりがちです。 セクハラを受け続けることで、被害者は精神的ダメージを受けるため、集中力がなくなって仕事の能率がおちたり、会社を休みがちになっ ...

セクハラ(セクシャルハラスメント)

7:セクハラについての法律は?

A.男女雇用機会均等法によって、事業主はセクハラを防止する義務を課されています。 男女雇用機会均等法(以下、均等法)とは、女性労働者が男性と差別することなく働き続ける権利を保障するために、女性に対する ...

セクハラ(セクシャルハラスメント)

8:均等法で規定されている「職場でのセクハラ」の職場の範囲は?

A.事業主の影響力が及ぶ範囲ですが、かなり広範囲が含まれます。 均等法で事業主に防止義務が定められているのは、「職場におけるセクハラ」です。 女性労働者の地位を守り、職場における男女平等の権利を保障す ...

セクハラ(セクシャルハラスメント)

9:社員旅行や就労後の飲み会でも規定は適用されますか。

A.適用されます。 均等法のセクハラの防止義務の規定が適用されるのは、労働者が事業者の直接・間接の監督下にある「実働時間」内だけではありません。 たとえば社員旅行や、社員の親睦のための催し、忘年会や新 ...

セクハラ(セクシャルハラスメント)

10:どこからがセクハラになるの?

A.女性が「望まない」性的な言動です。 セクハラで問題となる性的な言動はどのような範囲を指すのかは、きちっとした基準を設けて線引きできるものではありません。 あくまで、女性が「望まない」(unwelc ...

Copyright© 無料法律相談ができる公共機関など , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.