「身近な法律トラブルQ &A」 一覧

不当解雇・パワハラ

解雇の種類について

解雇は、会社の一方的な意思表示によって労働契約を解約することですが、懲戒解雇、普通解雇、整理解雇に大きく別けられます。 なお、労働契約法第16条では、むやみな解雇の乱用から労働者の生活を保護するために ...

不当解雇・パワハラ

会社から解雇と言われたら!?

Q:会社から解雇と言われましたが、社員3名の零細企業ということもあって社長はワンマンで色々な問題があります。そこで、解雇手当のことも含めて労働基準監督署に一度相談してみようと思いますが、給料日までまだ ...

不当解雇・パワハラ

即時解雇できるとき

会社が解雇するときは30日前に予告をおこなうか、解雇予告手当を支払うかしなければいけません。しかし、次の場合には解雇予告手当もの支払いもせず、即時に解雇できます。 1、日々雇い入れられる者・・・1カ月 ...

不当解雇・パワハラ

解雇予告とは?

従業員を解雇するときは、解雇の日から少なくとも30日前に解雇の予告をすることが必要です。これは労働者の生活を守るための規定です。(労働基準法第20条)もし予告をしない場合は、会社は30日分の賃金を支払 ...

不当解雇・パワハラ

会社が従業員を解雇をするときは

解雇は会社が一方的に従業員を辞めさせるものですが、何でも認められてしまうと従業員の生活が守られません。そこで、法律では、次のように定められています。 「解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当 ...

不当解雇・パワハラ

不当解雇

このページではよく相談のある労働問題の事例と関係する法律について解説します。   相談1:使用者と馬が合わず、理不尽な理由で解雇された。 判例上、解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上 ...

不当解雇・パワハラ

パワハラを法律面から考えると・・・

前ページに該当する行為、言い換えれば違法な人権侵害といえるような行為があった場合、まず加害者は不法行為にもとづく損害賠償責任(民法第709、710条) を負います。また、会社も使用者としての損害賠償責 ...

不当解雇・パワハラ

パワハラ

パワハラ、すなわちパワーハラスメント(モラルハラスメントともいう)の相談件数の増加を受け、平成24年、厚生労働省はパワハラについて、次のように定義しました。 「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や ...

その他

名誉毀損

2019/01/05   -その他

このページでは名誉毀損に関する相談事例をあげ、関係する法律などについて解説します。   相談1:対立関係にある上司から会議で事実に反する中傷を受けた。 まずは名誉毀損罪(刑法230条)につい ...

その他

インターネットの中傷とプロバイダ責任法

2019/01/05   -その他

プロバイダ責任法とは プロバイダ(ここでは掲示板管理者、サーバー管理者含みます。)の法的責任の制限と被害者のプロバイダや管理者に対する情報発信者情報の開示請求権について定めた法律です。 プロバイダや管 ...

Copyright© 無料法律相談ができる公共機関など , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.