不倫・浮気(不貞行為)

不倫、不貞行為の証拠

投稿日:

不倫、不貞行為の証拠 ①電子メール

今の時代、浮気・不倫がばれるきっかけは圧倒的に携帯電話やパソコンのメールからです。メールはデータ、履歴が残りますし、消したつもりでもデータを復活させるソフトウエアがあるので知らないうちに記録をとられていたりします。

電子メールは改ざんしようと思えばできますから証拠としては完璧でないかもしれませんが、実際の裁判で自分の送信した電子メールを突きつけられて否認する人はほとんどいないようです。

ところで、メールを見られてプライバシーの侵害では?と相談してくる人、あるいは、勝手に見たものだから証拠にならなんじゃないかと心配して相談してくる人がいますが、刑事裁判では違法な手段で収集した証拠は採用されませんが、民事ではどんなものでも証拠として使えます。また、プライバシーの侵害といったところで、携帯電話を見た程度であれば不倫の違法性に比べればたいした問題にはなりません。

 

不倫、不貞行為の証拠 ②電子画像、ビデオ

最近、秋葉系などという言葉が流行って、女の子の人形を集める男が巷には増えているようですが、コレクションというものは誰にでもある性癖なのでしょうか。浮気・不倫相手とのセックスビデオをとっていたり、携帯電話、パソコンに裸の画像を保存したりしていたのが見つかって浮気・不倫がばれることもけっこうあります。このようなものを押さえられた場合は、不貞行為は否定しようがなくなります。

 

不倫、不貞行為の証拠 ③そのほか

ほかにはクレジットカードの利用明細、領収書などは女性は細かくチェックしています。また、不倫旅行で泊まったホテルから礼状が送られてきて浮気・不倫がばれるということもあります。ちなみに探偵などが撮影したホテルから出てきたところの写真は、ラブホテルなら完全にアウトですが、普通のホテルだと仕事の打ち合わせをしていたなどと逃げられる余地が残ります。

-不倫・浮気(不貞行為)

Copyright© 無料法律相談ができる公共機関など , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.