出会い系、アダルト系サイトのトラブル

ネットで知り合った18歳未満の女の子とホテルに行くと!?

更新日:

インターネットの出会い系掲示板では、いわゆる援助交際と思わせる書き込みが多数存在します。かなり怪しい書き込みが多く、いかがわしい業者と思われるものが大半をしめるようです。

18歳未満の女子とホテルに行ったりすれば、青少年保護育成条例の淫行処罰規定に、また、お金を渡したりすれば、児童買春禁止法で処罰の対象となります。

最近は、男性もこれくらいの知識はネットで調べてわかっているので、注意している人が増えたようですが、ホテルに行ったあと、親族や彼氏を名乗る男から連絡があり、彼女は18歳未満だ、慰謝料を払え、警察に言う、などと言われるケースがあります。

見た目がけっこうふけている、あるいは、こっそり身分証を見たなどで女性が明らかに18歳以上だとわかる場合は、詐欺グループでしょうから警察に相談したほうがいいでしょう。

しかし、問題は女性が18歳未満というのが嘘か本当かわからない場合です。結論からいうと、仮に相手が詐欺グループや「つつもたせ」であっても、実際に18歳未満の女性と性行為をしてしまった場合は、あなたも上記の法律で処罰される恐れがあります。ですから、警察に相談したくてもなかなか相談できない状況になります。どうせ詐欺だろうとたかをくくっていたところ、連絡をしてきた男が女の子の本当の父親だったという話もありますから、うかつな判断はできません。

しかしながら、だからといって、あわてて示談金を払えば、あとから何度もゆすられる危険があります。

こういう場合は、やはり弁護士を代理人に立てるのが無難でしょう。

あなたが猛り狂った相手(「つつもたせ」の演技も含む)に身分証を確認させてくれとは言いだしにくいでしょうが、専門家が示談書を作成する場合は、本人確認をするのは業務上、一般的なことだと説明することができます。もし相手が本当に女の子の父親であるような場合は、身分証くらいは提示します。そこで何だかんだと理由をつけて身分証を提示しない相手は、つつもたせと判断してまず間違いありません。

 

-出会い系、アダルト系サイトのトラブル

Copyright© 無料法律相談ができる公共機関など , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.