出会い系、アダルト系サイトのトラブル

出会い系、アダルト系サイト

更新日:

このページでは出会い系サイト、アダルト系サイトの架空請求、法外な請求についての相談事例をあげ関係する法律などについて解説します。

 

相談1:出会い系サイトやアダルト系サイトから身に覚えのない高額料金の請求が来た!

最近、出会い系サイトやアダルト系サイトから、身に覚えのない高額な料金の請求が来るという事件が多発しています。使った覚えはないサイトから請求が来たり、無料とあったので試しに登録したサイトから何十万円もの請求が来たり様々ですが、そのほとんどが延滞金と称して法外な金額を請求し、期限までに支払わないと男性数名で自宅に請求に行くなどの脅しがあるようです。

万一、使用した覚えがある場合でも請求金額が法外な場合は、まずは明細書を請求するべきでしょう。一方、まったく身に覚えのない場合は無視してもだいじょうぶです。相手にする必要はありません。

 

相談2 :払わないと1日1000円の延滞金が発生するとすごまれた!

この詐欺が始まり出したころは情報も少なく、脅されて何十万円も払ってしまった人もいるようですが、このような規約があったとしても公序良俗違反(民法90条)で無効と考えられます。また、消費者契約法においても14.6%を超える違約金は無効とされています。このような脅し文句に驚いて一度でも入金してしまうと、あとからわけのわからない業者から次々と架空請求が来るようですので、決して支払わないで下さい。

 

相談3 :自宅や会社へ取り立てに行くと脅された!

実際には脅し文句だけで会社や自宅に来られたと言う人は聞いたことがありません。彼らも実際にそのようなことをしたら警察に連絡されるだけだというのは百も承知なのでしょう。心配は無用です。万一、来られた場合は、即刻110番して下さい。

 

相談4 :送られてきたDMにあったアドレスをクリックしたらいきなり入会しましたという表示が出た!

いわゆる電子契約法では、事業者側が、消費者の申込み内容などの意思を確認するための適切な措置をもうけていない場合には、原則として、操作ミスによる契約を無効とするとしています。ですから、登録確認画面のないような状態で、勝手に「登録されました」などと表示が出ても、そのような業者は相手にする必要はありません。
最近は、いくつかの画像の下に利用規約を長々と記載しておき、かなり下の方に「画像のボタンを押したら入会に承諾したものとみなす」などとあるものが流行しているようですが、これなども有効な契約とは言い難いでしょう。

-出会い系、アダルト系サイトのトラブル

Copyright© 無料法律相談ができる公共機関など , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.